探偵

浮気相談・身辺調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求されるというケースがあるようです。

 

 

ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルが明記されていると思います。

 

したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。

 

 

 

また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大事です。

 

 

 

一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。

 

選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などが出てくるはずです。

 

 

 

都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、話をすれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでも結構ありますね。

 

話に出てくる探偵というのは単純で、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。

 

 

 

でも、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

 

 

 

浮気がばれると、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。浮気の証拠を提示されてしまえば、逃げおおせることはできないでしょう。
請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、大きな違いがあるようです。
支払いがつらければ、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。W不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇することはできません。

 

 

 

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、まあ現実では訓戒程度で、厳しいお咎めはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気があったがために家族会議でも離婚話が進展せず、家裁での調停に持ち込まれるケースは少なくありません。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人たちだけよりも円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。

 

普段どおりのあなたのままで大丈夫です。パートナーがすごく用心深い場合、自力で不倫の証拠を押さえることは現実的ではありません。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を有利に進める材料になります。
もし浮気の確証がもてるようなら、探偵を雇って調査してもらいましょう。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、しっかりとした証拠を揃えることができます。

 

浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、非常に重要な問題だと思います。

 

 

探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、営業所のかわりに、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで会ってもらえば話もしやすいでしょう。不当な契約の強要を避けることができます。最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。
3社ほど問合せして、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵会社に依頼しました。
覚悟していたとはいえ、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが、いまは高性能GPSの利用が進み、昔の発信機と違って尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。

 

 

最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。そんなGPSを設置できれば、追尾の成功率はグンと上がるのです。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。

 

 

 

それは配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。
とはいえ、単純に探偵の調査が至らず成果が得られないことも考えられるので、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめ確かめてから契約することで回避できるでしょう。

 

それから、相談時に説明を怠らないことが結果を左右するのはいうまでもありません。
パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、時間もコストも削減できます。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、ゼロからの積み上げで調査する分、時間も費用もかかってしまいます。

 

一緒にいれば判ることもあるはずですし、とりあえず記録や観察に努めると今後の大きな助けになるでしょう。配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。

 

探偵の調査業務にかかる料金は、一般的な浮気調査でだいたい1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいをみておくと良いでしょう。

 

調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、なにを依頼するにしても数十万程度と見積もっていれば足りるでしょう。
パートナーに浮気され裏切られた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

 

 

最も身近な人物に欺かれていたために、離婚しても異性に距離を置くようになったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという例も多いです。

 

 

それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。

 

 

 

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、個人でもGPS機能を使えば浮気を発見できるようになったのは有難いことです。
気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持ってもらうことで、今いる場所が分かってしまうのはすごいですね。マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、独力で浮気を発見するには便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

 

 

 

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事はほぼ同一です。離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。

 

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に有効です。会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと安定した仕事をしてくれるように思います。小規模な調査会社の中には充分な調査をせずに代金の支払いを求めてくる会社や料金が不明確だったりする会社もあります。

 

 

 

また、営業所の相談員の態度なども重要です。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。こう考えたあなた、この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業となると、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届や誓約書等を出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。

 

 

認可官庁によってしっかり管理され、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。

 

調査業者を選定するときに気になってくるのが、諸経費や料金のことです。

 

一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、作業時間を1時間とすると相場的には3万円以下、2万円以上です。

 

 

まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが実は結構多いのです。

 

 

 

そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりにうんざりする気持ちが出てきたりします。

 

 

 

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、やましい気持ちもあってか、関係解消へと動いてしまうのです。先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

 

 

 

入籍する前から相手も複数。

 

 

 

常習だったんですね。

 

今さら知りたいとも思いませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。

 

 

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。

 

 

 

パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。不倫行為の証拠といえば、やはり、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、不用意なトラブルに発展しかねませんので、興信所を活用することも考える価値があるのではないでしょうか。
知らない探偵社に個人的に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。
本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、匿名相談でもオーケーという会社もあるので、うまく活用して、手応えが良い感じであれば、個人情報を明かすようにするといいでしょう。

 

 

 

一般に知られている通り、同窓会での再会は、禁断の恋に陥る可能性が高いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。そういった再会を機に相手の様子がおかしければ、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

 

 

探偵業者を使って浮気調査をするなら、だいたいの相場は知識として身に着けておきましょう。相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるので、身を守るためでもあります。

 

 

それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、諸経費やレンタル料などを請求したり、多数のオプションが付加されることもあるため、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかりチェックしておかなければなりません。

 

 

近頃ではスマホが元で隠し続けていた浮気がバレるという例が増加しています。

 

 

 

スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインなどのSNSやメールに不貞行為の一部始終が残されていると考えられます。わざわざロックしてあったりしたら、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。
浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気を止めることができたとしても、再び浮気することもあります。
帰宅時間がルーズになったり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が手ぬるかった可能性も高いので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が必要なのではないでしょうか。探偵を頼んで調査してもらう際は、まずそこの評判を調べるのを強くお勧めします。悪い口コミが入っているようなところは、高額な追加料金が上乗せされたり、満足な調査をしていないこともあるようです。
一定以上の評価を得ている業者なら、法外な代金をとられることはないです。

 

 

 

もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。調査が終わり、探偵業者が発行する報告書は、特にフォームに決まりはありません。しかし、調停離婚や訴訟の場で使う際は、証拠として採用されるには、要点を踏まえた質の高い報告書でなければ価値がないわけです。

 

 

調査報告書の利用方法を考慮した末、探偵社を選ぶようにする必要があるでしょう。大手以外にも多くの探偵業者がありますから、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。インターネットで検索してみると探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で満足度の高いところを選んで、そこで話を聞いてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはありません。規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。

 

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も少なくないので、調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。

 

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的関係を持つことをいいます。

 

 

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを求めることができます。

 

怪しいと思ったら興信所や探偵を雇ってパートナーの不倫の証拠を握った上、多額の賠償を請求することによって現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させることにも役立ちます。たちの悪い興信所にあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。相談に行っただけなのに事務所に足止めし、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意すべきです。一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。

 

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞行為になるものの、順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えるべきでしょう。どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのが普通です。

 

 

 

代金に見合った仕事をしてもらうためには、少し手間をかけても複数の会社を比較することが大事です。とりあえず料金体系や業界相場あたりは知っておきたいものです。悪質な価格設定の探偵を避けるための自衛策でもあります。